スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海翔出生記:第05話(最終話)

2008年08月04日 03:56

最近のお兄さんは日々あるモノと格闘しています。

彼は突然ベランダ(2F)に現れて室内にいるお兄さんを脅かしてみたり、

洗濯物の内側にくっついて部屋への侵入を試みたり、

死んだフリをして近づいたお兄さんの顔めがけて

バンザイアタックを決め込んでみたり・・・

(´-`).。oO(何であんなもんが存在してやがんだ)

本気でトラウマになりそうなくらい鬱陶しい、、、


アブラゼミ(゚Д゚;)


脅かされる度に息の根を止めてやろうと思う程イラっとくるんだけど、

一週間しか生きられないことを考えると・・・しばけるわけないじゃん(´ヘ`;)

そういうとこが一番憎いポイントだったりするんですけどね;

あーセミってずるい。

一秒でも早く秋が訪れる事を願っています(´∀`;)ウフフ




みなさんこんばんわおさDSですどうも☆




海翔2


さてちょっと間が開いてしまいましたが、

これまで四回に渡り書き綴ってきた海翔出生期。

今回が最終話となりますYO☆

ちょっとずつ記憶が薄れてきてるのですが書いてるうちに思い出せると信じて・・・

さっそくやっていきたいと思いますヽ(´ー`)ノ

ではではどうぞ~♪




*第01話は→こちらから♪
*第02話は→こちらから♪
*第03話は→こちらから♪
*第04話は→こちらから♪





『海翔出生記:第05話(最終話)』


前回までのあらすじ

・陣痛に耐え続けてKANA放心状態。
・待望の子宮口全開大突入!






AM8:51


助産婦さんの一言で突如あわただしくなる陣痛室。

分娩室はすぐ隣の部屋なのだけど、

消耗しているKANAにその体力があるとは思えない。

それでも動かすしかないのだろうか?

(´-`).。oO(これ以上無茶をさせたくないんだけど・・・)

こっちの精神力もそろそろ限界だよtt


そんなお兄さんの心配をよそに助産婦さん達が数人、

部屋に来てベッド周りをいじくり始めたかと思えば

ものの一分ほどで分娩台に早がわり。

世の中便利なものがあるもんだなと素で思った。



ここまで何時間も我慢し続けたKANAは

いきめるのがよほど嬉しいようで、

「いいんだよね?もう我慢しなくていいんだよね?」

苦悶の表情にほんの少し笑顔が混ざる。


そんなKANAに朗報が続く。


「あと30・・・いや、20分で赤ちゃんに会えるからね」


陣痛(お腹が少し痛み始めてから)が始まってはや12時間。

順調に子宮が開いていくも一番きついところで止まってしまい、

「今日中には赤ちゃんを・・・」と言われつつ(第04話参照)

先の見えない我慢をし続けてきたKANAにとって、

助産師さんのこの一言がどれだけ嬉しい言葉だったか

どれだけ想像してもし足りないだろう。

側にいながら自分の無力さに嘆いていた自分にとっても

この一言はさながら天使のささやきであった。

酒焼けしたようなガラガラ声だったのに。


何はともあれ・・・

これでようやく痛みから開放される!

さぁ、最後の仕上げだ!






KANAの後頭部を持ってお兄さんも出産に参加させてもらい、

助産婦さんの合図で一回目のいきみに挑む。

顔を真っ赤にしていきむKANAとそれを見守るお兄さん。

出産前に「出てくる瞬間を見てて欲しい」と頼まれていたのと、

それ以上にどうなってるのか興味津々だった為だが、

見守るどころか部分をガン見していると一回目のいきみで・・・

OH!!


赤ちゃんの髪の毛が見えてる?!


子宮口が全開大となりなり、ここからそれまでと同様の

もしくはそれ以上の我慢をして赤ちゃんが出口までやってくる・・・

そんな感じで想像していた為、予想よりも遥かに早く目の当たりにした

我が子のリアルな存在にただただ驚いた。

(´-`).。oO(ああ、本当に生まれてくるんだ・・・)

今までエコーで何度も見てきた赤ちゃん。

いるのは分かってたし元気なのも分かっていたけど、

どこか現実味の無い捕らえ方をしていたんだと思う。

でも今は違う。

すぐそこにいるんだ。

俺ら二人の赤ちゃんがいるんだ。






一回目のいきみ後の休憩中にKANAに改めて

髪の毛がはっきりと見えていたことを報告。

お兄さんがあまりに興奮していたせいだろう、

こっちを見たKANAが力無くニヤッと笑った。

『出産中にこうまでガン見をしてるダンナは珍しいと思うが、

いっそ誰よりも現場を知ってるダンナになってやろう』


よく分からない使命感でいっぱいになり、

その後もしゃかりきに見て、そしてKANAへ報告を続けた。

口に出して記憶に残して、いずれ海翔に話してやりたかったのだ。



2回目・・・


3回目・・・



いきみをする度に海翔の頭の見えてる部分が大きくなっていく。

しかしこのままズルンと抜け出すほど赤ちゃんの体は小さくない。

いきみを数回続けたところでようやく先生がやってきた。

出口を切って取り出すようだ。

「KANA、痛いやろけど最後まで気ぃ抜くなよ」

最後のふん張りがきかずに赤ちゃんの頭を閉めつけてしまい、

脳に障害を残してしまったという話を何度か聞いたことがある。

妊娠からここまで、あまりに順調にやってこれたことが逆に

最後の大どんでん返しを予見させて心の底から怖かった。




先生の合図で再びいきみを開始。

ある程度力が入ったところで・・・

バチーン!

先生のハサミが炸裂!!!

直後に赤ちゃんの頭がまるっと飛び出した。

想像していたよりずっと紫の肌、大きく伸びた後頭部・・・

これまでKANAの体の心配ばかりしていて

どんな顔の子が生まれてくるのか考えたことすら無かった為か、

このあまりの出来事にポカーンと口を開けるお兄さん。

初めて会ったのに到底他人と思えないこの感覚・・・

この子との気持ち的な距離感をどう掴めばいいのか分からなくて、

顔をよく見ようと近づいてるのに心が近づくのを拒む。

にもかかわらず次から次へと愛情が沸きでてくるあの感覚は

今までに経験したことのないものだった。



助産婦さんが数人で引っ張り、このまま出てくるかと思えば

今度は肩がつかえて出てこない。

まだ出産は終わっていないのだ。


「もう一度いきんで!」


この10ヶ月間の気持ちを力にかえ、

先生の声にKANAが応えた瞬間・・・








ズルン!








赤ちゃんの全身が飛び出した。

全身紫の・・・体というか物体というか。

これはこういものなのか?

それともこの子だけ?

軽くパニくるお兄さん。

その目の前で助産婦さんが喉の掃除をすると・・・





海翔「おぎゃあ、おぎゃあ~」





部屋中にこだまする大きな泣き声・・・

この声を聞いたら大丈夫だと直感的にそう思えた。

(´-`).。oO(そうだ!KANAは!?)

今回の最大の功労者に目をやると・・・

睡眠不足と疲労と出血により血色の悪い顔。

額ににじんだ汗。

出産がどれほど大変だったかを物語っているが

その表情は明るく安堵に満ちていて、

先ほどまでの痛みが嘘のように晴れやかな顔をしている。

化粧なんてしていない、汗もだくだく肌べとべと・・・

でもこの時のKANAは今まで一番キレイに見えた。





7/19 AM9:04
海翔誕生 (3670g)


海翔誕生直後
(誕生後10分です)




結局KANAは陣痛のピーク時にたった一度

小さな棘が刺さった時のように「いたっ」と呟いただけで、

最後の最後まで大声でわめいたり叫んだり

痛がったりしませんでした・・・。




出産後、KANAが傷口を縫っている間、

上の写真を撮りながら海翔の側にいるお兄さん。

目の前のこの子はKANAに似ているようであり、

お兄さんにも似ているようであり・・・

(今ではすっかりお兄さん似なのですがw)

なんだかくすぐったいような感覚。


この出産でKANAが運んでくれた宝物は海翔だけじゃない。

KANAの海翔に対する思い、お兄さんに対する思い・・・

全てを落とさないようにしっかりと受け止め続けたいと思う。

そして生まれてすぐに泣きながら握ってくれた海翔の手を、

ずっとずっと離さないでおこうと思う・・・。







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



世の中には立ち合いはしない方がいいと言う人がいます。

それは体質的に血を見るのが無理だったり、

女性を性の対象として見れなくなるからだそうですが、

実際に立ち合ったお兄さんから言わせて貰うと

「は?なにそれ?」です。とにかくもったいない。

KANAの体から紫色した子供が出てきて、時間の経過と共に元気な姿になっていく・・・

この過程を目の当たりにしただけで少なくとも俺は想像以上の父性が沸きましたし、

この出産で俺はKANAの強さを目の当たりにして心から尊敬し、

今まで以上にKANAのことが好きになりましたからね☆




この出生期はこの時の自分の気持ちを忘れないため、

そして今までなんとなく反対派だったけどこれを読んで

「俺も立ち会いしてみようかな」と思わされてしまった被害者が

一人でも出てくればと、そういう思いをこめて書きました。

出産ネタなのに真のターゲットは男の人だったんですね(・∀・)ニヤニヤ

もうちょっと説得力のある文章が書ければ良かったんだけど、

まあそんなもんをお兄さんに求めるのは酷なので;;;

このくらいで分かってやってくださいな(´∀`;)ウフフ

第05話が想像以上に長くなってしまい、もうちょっと細かく分ければ

良かったかな~等々ちっちゃな後悔なんかもありますが、

自分なりに思ったことは書けたかなーなんて思っています☆



最後にここまでお付き合いしてくださった皆様。

本当にありがとうございました☆

これからは私生活も交えつつ書いていきたいと思いますので、

マッタリ更新になっても見捨てないでね?(・∀・)ニヤニヤ

次回は出生記で触れなかった出産秘話でも書いてみますかねw

それではまた次回の更新でお会いしましょ~☆

(コメレス明日するからちょっとまってねtt)








ブログランキング
    ↑↑↑ 4位

何故かいいとこつけてます(´∀`;)ウフフ
これは・・・応援してもらえてるのかい?w
ポチっといただけると嬉しいです☆



スポンサーサイト


コメント

  1. 月 | URL | -

    感動の最終回!さっそく読ませていただきましたよ♪

    男の人で出産に立ち会う人、また立ち会ってもらえる女性って羨ましいです。
    私の周りの友達では、旦那さんに立ち会ってもらった人が居なかったので、今回読んでみて改めて感動しました。

    奥さんにとっては壮絶だったけど、出産する事でより母の自覚みたいなのが目覚めるらしいので、きっともっと素敵で力強いお母さんになってくれますね♪
    今後も親バカ日記期待してます。

    ちなみに…うちもセミには泣かされてます。
    早く秋になればいいのにね…

  2. にゃん | URL | 90n7uAxM

    出生記、ドキドキ&感動しながら読ませていただきました^^
    最初奥さんが叫ばないって宣言してるってあった時、
    ああ、女性なんだなぁ…//と思いましたが
    きっとホントはもっと微妙で複雑で、たくさんの思いがその言葉の中に
    あったんだろうなあと感じます^^
    おささんの前ではいかなる時でも、可愛い女性でいたかったんだろうなあとか、
    おささんにかける心配を、なるべく減らせるものなら減らしたかったんだろうなとか、
    ご本人の必ずやり遂げる!って強い意志も込められてたんだろうな…とか。
    強くて、そしてとっても可愛い女性なのですねぇ^^
    おささんがラブラブになった気持ちが、いろんなとこからじわじわ伝わってきましたよー^^

    海翔くん可愛いっすねぇ~v
    ラブラブな両親から生まれて、これから大事に愛されて育っていくんだなぁと
    何かあったかい気持ちで一杯になって、じ~んとしてしまいました(´;ω;`)v
    奥さんとはますます仲良くなったのでしょうね^^
    奥さんラブなおささんですが(笑)どうぞ母である前に女性として
    いつも接してあげてほしいなあと思いますv
    海翔くん出生おめでとう!
    これからもお幸せに~^^//

  3. エル | URL | -

    おしゃにいぃ~!!!

    感動の一言ですよ。。

    文章下手なエルたんがコメかいても何伝えたいのかわかんないので簡単に!

    まじでカナさん、おさにい、海翔くん、

    すっとずっと幸せでいてくださぁい!!!

  4. ねこ | URL | -

    かなさんもおささんも偉いね!感動しちゃうね!

    ねこは、軽く「絶叫予告」です…。
    なにはともあれ三人とも元気でほんとによかったです

  5. kon | URL | YeFwB4VE

    やほ~♪(^^)

    最終回、読ませて頂きました!
    KANAさんもおささんも、本当に御疲れ様でした。
    海翔君もKANAさんも、元気で何よりですね♪

    ウチは女の子2人なんですが、2回とも立会いしましたよ~!
    もうね、立ち会わないなんて勿体ないっすよ。
    あんなに感動出来る瞬間なんて、他には無いですから。
    なんたって生命の誕生な訳ですからね♪

    しかし、海翔君・・・生まれたてでも猿顔じゃないっすね!
    めっちゃイケメンになりそうな感じだわw
    ウチの子達なんて・・・猿のまんまだったもんwww

    今後も、おさファミリーの成長を綴って貰えたら嬉しいです!
    いつも見にきますよ~!!!

    おささんも、KANAさんも、御体大事にして下さいね。
    海翔君の成長日記を楽しみにしてまーす♪
    ☆ァディオス☆(`・ω・´)ノ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。